CloudTree ZohoCRM

Zoho CRMを無料で使う方法

結論:ZohoCRMを無料で使う方法は2つある!


 ①無料プラン・・無期限、でも使える機能は制限される


 ②無料トライアル・・15日間の期間限定で、ほぼすべての機能が使える

           (無料トライアル終了後、自動で無料プランへと移行)


どちらも導入前の確認であり、実際の運用には有料プランがおすすめ

1. Zoho公式サイトを利用する

 

無料トライアルの利用時に役立つ、Zoho公式リンク集(緑色文字をクリックでリンク先へ移動)

 

 

Zoho CRM   無料トライアル  15日間のやることリスト

 

やることリストをこなしながら、基本的な操作が学べる

サンプルデータがあり、実際の業務に近い形で試すことができる

 

ZohoCRM  製品カタログ

 

プランごとの料金・機能が表にまとまっていて、全体像の把握ができる

 

 

Zohoはじめてガイド

 

アカウント登録、用語解説など、Zoho必須の情報がまとまっている

    はじめてガイドの前編には無料トライアルの申し込み手順が紹介されている

 

 

( それぞれのサイトの活用例 )

 

Zohoはじめてガイドをざっくり読む

      ↓

15日間のやることリストをこなす

      ↓

つまづいたらZohoはじめてガイドを確認

2. Zoho CRM を使う方向性を考える

 

無料トライアルの前に、以下の問いかけの答えを考える

 

「Zoho CRMを使って、実現したいことは何か?」

 

 

「それを実現するために、確認する必要があることは何か?」

 

 

Zoho CRMは多機能なので、トライアル期間中に全てを把握するのは難しい

だからこそ方向性をもつことが必要となる

 

 

機能の使い勝手や、プランの検討などの情報収集が、方向性をもつことで効率よくできる

 

まとめ

 ・Zoho CRMを無料で実際の業務に役立てることは難しい

 

・無料プランは、有料プランの前に確認や情報収集のために使う

 

 

・Zohoはじめてガイドなど、公式サイトの情報が使える

 

Cloud Tree

Cloud Treeは中小企業向けDX・システム制作会社です。

中小企業DXツールであり、コストパフォーマンスが高いZohoを当社でも採用しております。

システムづくり、業務効率化、Zohoにご興味をお持ちの方は、問い合わせボタンまたはメニューよりお声がけください。

執筆者 佐伯 翔子


CloudTree所属

Zoho導入パートナー、webデザイナー、GASシステムアプリ制作

 

________________

 現場の役に立つシステムを作る

 DX導入の負担を減らす

________________

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です